パンダの雑記:木と山

日本
Pocket

 

皆さんこんばんは

パンダinジャパンです

元気にお過ごしですか

 

遠出もできないしー

仕事もそんなにできないしー

そんな自粛中の私パンダは

のんびり過ごしています( ´ ▽ ` )

 

自粛中の今だからこそ出来ること、探して楽しみたいと思います。

いくつかご紹介させてください☆

 

まずはー

パズル!

最近のお気に入りはこちら↓

ハイパースペースパズル

全部白

忍耐力を鍛えます

全部完成するまで より、 ○時間で何ピース設置できるか試す がおすすめです

くじけるまで頑張ってしまうと目の下にクマができます

アストロノーを目指すなら是非自宅におひとつ!

 

 

LEGOや4Dパズルもおすすめです↓

 

ちょちょいと並べれば

ロマンがあります

いちにちながめてられるー

 

作ってかざって、壊して洗って、作ってかざって

を可能にした

LEGOさん、偉大です

 

 

続いてはー

エビさん!

不要不急ではない買い物でスーパーにまいりましたところ、見つけました!

ミナミヌマエビさん

ミジンコちゃんつき

こんなエビさん欲しかった!

めだかちゃんと一緒に飼ってもよし、別々でもよし

我が家は

群生タニシたちと一緒の水槽で飼うことにしました

いちにちながめてられるー

 

 

 

さて、今回の雑記のテーマは

「木と山」です

懐かしい場所を紹介させてください( ´ ▽ ` )

 

 

 


一箇所目は木

二箇所目は山

 

一箇所目:木

近所の川、二手に分かれたところにある三角形の空き地、その先端に一本、木が生えている。

どーれだ

通りかかれば誰でも見つけられる場所にある 何ともない木。

その場所に「キ」と名前をつけた。

真っ暗になる夜は

花火をしたり

焚火をしたり

流星を見るのにぴったりの場所。

 

昼間はあれこれ自由に空想する場所。

言ったもん勝ち

防波堤に寝そべって見える橋はブルックリン橋、ロンドン橋、日本橋、瀬戸大橋、コロコロと名前をかえていった。

橋の形は変わらずに名前だけかわっていく不思議。

 

橋を通る車、バイク、自転車、歩行者、通り過ぎていく人達の生活模様を想像したり

思いつく限りの偉人を橋上に登場させて語った。

ふつうの橋が特別な橋に変わる瞬間

 

 

潮の満ち引きの関係で主流から別れた方の川が時々干上がる。

待ちに待った日

 

防波堤から川底に飛び降りる

普段は入れないところに降り立つ

緊張が走る

 

誰かが干上がった部分に残った水たまりをクレーター、石を拾って隕石と呼ぶ

言ったもん勝ち

長靴とジャージはたちまち宇宙服に変わる

ボーマン船長、ロイマルカム、バズ、アームストロング、ザーグ、ガガーリン、アランシェパードの出番

 

探索が始まる

捜索対象物は二つ。①釣り針 ②カニ ③クモ

釣り針は先人の遺物 カニとクモは生存者、ウィルソンと呼ぶ 可愛がる

制限時間は木のそばで待機中の仲間が見守る焚き火の材料がなくなるか懐中電灯が切れるまで。

火が消えるということは酸素が切れるということ。

それまでになんとか陸(ホーム)に戻らなければ、ウィルソンになってしまう

ウィルソン

 

 

 

二箇所目は山

そこは「ヤマ」という名の研究所

研究内容は毎回変わる

おもしろいことを考えつき、研究課題となり、リーダーとサブリーダーを決め、チームが作られる

新しい物を作り出す

 

「木の枝を集めよう」

素敵なステッキをさがす

がむしゃらに集める

木の枝がたまる

枝を使って山の斜面にちょっとした階段を作りはじめる

みんなが加わる

折れない枝が残る。

階段が出来上がっていく。

 

「ヤマ」を中心として定期的に行われる探索

活動日は確か月曜日

斜面探索中に発見した物を活用する。

拾ったロープ。石。葉っぱ。いろいろ

誰かが言った「ターザンになりたい」

巨木によじ登って 頼れる枝にロープをくくりつけ、階段作りで生き残った強い枝を結びつける

ターザンロープの出来上がり。

巨木がターザンロープの木に、木の根本が研究所になる。

ロープが切れても「ヤマ」はターザンの木を中心とした研究所になる。

 

 

肝心な山の写真がないので

チャイナの山の写真↓

ターザン

ホアンシャン

 

 

「キとヤマ」今でこそ滅多にいくことはなくなったけれど、今でも大切な場所。

 

いちにちながめてられるー そんな場所

 

 

空想

ごっこ遊び

探索気取り

大人はゆうかもしれない

「何のために?」

「何がしたいの?」

「誰のために?」

そうだね

目的を考えるのは大切だね

時間、体力、資力は限られているからね

食べて飲んで寝ないと生きていけないし

空想だけじゃ何も生まれない 

残らないもの

 

 

ぢゃあ

資本が大事 衣食住が最優先 

教育が?学歴が?キャリアが?不動産?貯蓄?老後?保険?補償?保証?保障?

 

 

もし世の中、生存のための必需品しか残してはいけない となったとしたら、色も味も匂いも表情も声色も音楽も芸術も消えちゃう

 

無駄って嘲笑われるものに楽しみが

生存に不必要なものにも愛情が

あふれているんだと思う。

 

 

7-80年のことぢゃなくて

脳の領域とか

先人からのものとか

可能性についてもっと語りたい

 

見えないものを見ているかのように 目の前に置いているかのように 

 

知力と想像力をもっともっと働かせて

自由に

楽しみたいな

 

 

コロナ関連のニュースやその他のニュースを見ていて こんなことを考えていました。

 

以上、

「パンダの雑記:木と山」

でした。

 

長文読んでくださってありがとうございました( ´ ▽ ` )

自粛期間続いておりますが、ご自愛ください~