レンタカーでオニヅカビジターセンターに向かう前に、絶対知っておきたい3つの事

HAWAII
Pocket

ハワイ島で一番行ってみたい場所の一つ「マウナケア山」

できれば自分で運転して行ってみたいですよね。

私もマウナケア山頂まで行きましたが、一回目のトライから順調に山頂まで行けたわけではありません。

行ってみて初めてわかった事や、事前に知ってたら役立ちそうな事をまとめてみました。

 

参考になれば幸いです。

 

オニヅカビジターセンターの天候・道路状態・閉鎖の有無

オニヅカビジターセンターまで行っても、道路が閉鎖されていて、そこからマウナケア山頂へ行かせてもらえない時があります。

できれば、ビジターセンターへ行く前に情報をチェックしておきたいですよね。

 

こちらにその情報があります。⬇

 

このサイトはオニヅカ・ビジタセンターで教えて頂きました。

 

このページの右側に気温・道路状況等の情報が掲載されています。

 

Road StatausのところがClosedになっていれば閉鎖されています。

 

Road StatausのところがClosedになっていても、ビジタセンターまでは行けます。

気温や天候もこのサイトからチェックできます。

 

このサイトの情報は5分毎に更新されます。

 

 

ビジターセンターについては、こちらの記事で詳しく紹介しています。⬇

 

マウナケア山頂へ向かう車に求められる条件

Road StatausのところがOpenになっていても、すべての車がマウナケアへ向かえるわけではありません。

ビジターセンター駐車場の先にはゲートがあって一台ごとに審査されます。

 

審査項目⬇⬇

審査項目 ① 四輪駆動車か? 
審査項目 ② ガソリンは半分以上残っているか?
(この情報は、公式サイトにも書いてないと思います。現地に行って初めて知りました。知らない人も多く、ここで引き返す人が結構います。)
審査項目 ③ その他(公式サイト日本語ページをご確認下さい) http://www.ifa.hawaii.edu/info/vis/volunteer-program/critical-information.html

 

彼らが主に見ているのは審査項目①と②です。事前に知ってさえいれば十分クリアできます。レンタカーでも全く問題ありませんでした。一応、公式サイトの「山頂への道の安全情報」に関するリンクも紹介させていただきました。

 

私が行った時は早朝から昼間はチェックしていませんでした。もしかしたら旅行者の多い夕方だけチェックするのかもしれません。

 

ここをクリアすれば約30分ほどで頂上に着きます。

 

 

マウナケア山頂について詳しくは、こちらの記事もどうぞ⬇

 

レンタカーの保険適応範囲

レンタカーでマウナケアに向うに際し、気になることの一つはレンタカー保険の適応範囲ではないでしょうか?

ネットを調べてみてもいろんな意見が・・

舗装されていればOK 
ビジターセンターまではOK 
サドルロード不可

 

などなど…

旅行者の不安を煽って、個人でマウナケアを目指すのはやめた方がいい、というような情報もありますよね。

ツアー会社の思惑も見え隠れ…

 

やはり一番確かなのは車を借りるときにお店の人に尋ねることです。

英語がそんなに得意じゃなくても、今は良い翻訳アプリが無料で使えますよね。

 

私はグーグル翻訳を使っています。

こんな感じ⬇

 

オニヅカビジターセンターへ向かう道は保険の適応範囲ですか?

➡ Is the road leading to Onizuka Visitor Center the scope of insurance?

 

マウナケア山頂へ向かう道は保険の適応範囲ですか?

➡ Is the road leading to the summit of Mauna Kea covered by insurance?

 

ショップの店員さんに聞けば親切に教えてくれるはずですよ。

 

グーグル翻訳アプリの使い方は、こちらの記事で詳しく紹介しています。⬇

 

 

早朝には四駆ではなく前輪駆動車で山頂まで来ている人もいました⬇

早朝だったのでビジターセンターでの審査はなかったようです。

早朝、マウナケア頂上で日の出を見に行きました。山頂には日産「ヴァーサ」(日産ノート)が・・。四駆でもなんでもないただの前輪駆動車です。それでも山頂へは行けます。

 

 

ビジターセンターから上はほぼオフロードですが、車の運転に慣れている方なら、そこまで心配されなくてもいいかなと、個人的には思います。審査のない時間帯に行く場合でも、やはり四駆の方が安全でしょう。四駆だとタイヤも厚いのでパンクしにくいと思います。

 

 

外国人旅行客はレンタカーの保険適用範囲など気にしていないのか、マウナケア山頂にある駐車場にはレンタカーで溢れていました。

 

くれぐれも安全第一で

自己責任でお願いします。

 

 

記事を読んで、自分で山頂まで行くのを断念される方もいることでしょう。

安全が一番大切ですからね。

 

でも諦めるのはまだ早いですよ。

ビジターセンタから無料でマウナケア山頂へ行けるいい方法があります。

 

詳しくはこちらの記事をどうぞ⬇

 

最後まで読んでくださり、ありがとうございました。 ( ´ ▽ ` )

 

コメント