レンタカーで行くオニヅカ・ビジターセンターとマウナケア山頂

HAWAII
Pocket

 

レンタカーを調達

パターン1)アプリやサイトを使って事前予約

事前に予約しておくと、窓口でのやり取りはとても簡単。英語でうまくコミュニケーションができなくても安心ですね。他にも、事前予約の場合は、キャンペーン等で安くレンタルできる場合があります。

パターン2)現地調達

事前に予約していなかった場合や、現地に行ってレンタカーに乗ってみようかなと思った場合でも大丈夫。コナ国際空港の近くにはたくさんレンタカー会社があります。(Alamo Hertz Budgetなどなど)レンタカーショップの窓口に行けば、簡単にレンタカーの手続きをする事ができます。ちなに事前予約も現地窓口価格もほぼ同じです。

私のイメージでは、予約サイトやアプリで事前に予約しておいた方が断然安いと思っていましたが、値段はほぼ変わりません。(窓口の方もそう言ってました。例:Jeep四駆で一日約70ドル前後)

私はほとんど英語ができませんが翻訳アプリを使って窓口の方とコミュニケーションをとることができました。私はAlamoで車をレンタルしましたが、窓口の方も外国人慣れしているようで、とても親切に対応して頂きました。

 

以前は有料の翻訳アプリを使っていましたが、今はgoogle 翻訳(無料)を使っています。画面がシンプルで表示文字も大きめです。カメラ入力機能もとても便利。私は翻訳された英語画面を窓口の人に見せて、親切に対応して頂きました。

 

google 翻訳(無料)の使い方はこちらのページで紹介しています。⬇

 

 

オニヅカビジターセンターを目指そう

アクセス・所要時間

まずGoogle Mapsを使って目的地をセットします。ハワイの地名も日本語に対応していますので、日本語で目的地セットし、日本語でガイダンスを聞くことができます。

Google Mapsを使うと、所要時間や距離がわかるので計画し易いですよね。約54マイル(約86.4km)1時間12分かかると表示されました。実際かかった時間も、ほぼ同じだと思います。

 

ハワイ島の道端にはスーパーがほとんどありません。空港近くの大きめのスーパーで飲み物、パン果物などを多めに買っておかれることを強くオススメします。ミネラルウォーターは大きめのスーパでダース買いしておくと安くて便利です。

 

出発前に

オニヅカビジターセンター公式サイトをチェック⬇⬇

 

この公式サイトから、ビジターセンター付近の天候、気温、道路状況が確認できます。ハワイ島は天候も変わりやすいですし、海沿いの気候と、オニヅカビジターセンター付近の気候は異なる場合が多々ありますので、事前にチェックしてみて下さい。

 

ちなみにサイト右側の表示、一番下の項目「road status」「closed」になっていにてもオニヅカビジターセンターへは行けますが、そこから上、つまりそこからからマウナケア山頂に向かう道は閉鎖されています。マウナケア山頂を目指す場合は必ず事前にチェックしておきたいですね。

 

オニヅカビジターセンターに到着

オニヅカビジターセンターに到着したらまずはここで休憩しましょう。オニズカビジターセンターは標高約2800mの所にあります。体を高地に慣らすために少なくとも30分はとどまり体を慣らしましょう。

「2500mの高度に急激に登ると、25%の人に高山病の症状が出て、3500mではほとんどの人に危険信号が出る。」と言われています。

きちんと30分ほど休憩すればほとんどの場合、症状が出ることはないそうです。ここにはトイレ、簡単な売店、お湯の無料サービスなどがありますよ。

 

ビジターセンターに関する記事 ⬇

 

 

いよいよマウナケア山頂へ

アクセス・所要時間

ここで、またGoogle Mapsで目的地を再入力してみて下さい。ビジターセンターから頂上まで約8.5マイル(約13.6km)約30分かかります。

ここから先は少しハードルが上がります。ここから先はほとんど舗装されておらず、保険の適用外になるそうです。自己責任でお願いします。(レンタカーを借りるとき、窓国の方は、そのような注意事項は言っていませんでしたが契約書に書いているのかもしれません。)

 

実際には、結構の多くの人がレンタカーで頂上を目指しています。車を借りるときに確認してみるといいかもしれません。(実は問題ないかも…)

 

 

ビジターセンターから山頂に向う所に係員がいて一台一台チェックします。

 

ここで淘汰される人が半分以上いると思います。

でも、きちんと準備をしておけば大丈夫。

 

審査項目⬇⬇

 

審査項目 ① 四輪駆動車か? 
審査項目 ② ガソリンは半分以上残っているか?
(この情報は、公式サイトにも書いてないと思います。現地に行って初めて知りました。知らない人も多く、ここで引き返す人も結構います。ホントに残念…)
審査項目 ③ その他(公式サイト日本語ページをご確認下さい) http://www.ifa.hawaii.edu/info/vis/volunteer-program/critical-information.html

 

私が行った時は早朝から昼間はチェックしていませんでした。もしかしたら旅行者の多い夕方だけチェックするのかもしれませんね。

 

 

ここを突破すれば約30分ほどで頂上に着きます。

ここから先は絶景に次ぐ絶景!!

くれぐれも安全運転で。

 

オニズカ・ビジターセンターからマウナケア山頂までの道はほとんどの部分が舗装されていません。お気をつけて。でも頂上へ向かう道からの景色はスゴク奇麗です。

 

山頂附近は本当に寒いです、寒さ対策をされて下さい。旅行者のみなさん防寒対策をされていたようでしたが、それでも寒そうでした。

 

 

頂上付近の旅行者の格好は、こちらの記事をどうぞ⬇

 

 

頂上まで行きたいものの不安。リスクは負えない。なら?

 「レンタカー保険の適応外「道が舗装されていない」などと聞くと、二の足を踏むのも無理はありません。マウナケア頂上には行きたいものの、リスクは負えない、なら、先ほどのオニヅカ・ビジターセンターで、一緒に乗せて行ってくれる人を探しましょう。

 

夕方になるとビジターセンターの駐車場には車で頂上を目指す旅行者が沢山います。片言の英語、ジェスチャー、翻訳アプリの画面を見せる。なんでもいいので声をかけてみて下さい。自然を愛する、心やさしい人が多いので車の席があれば普通に乗せてくれるはずですよ。

 

私も一度この方法で山頂へ乗せて行って頂きました。駐車場にはビジターセンター付近で頂上を目指さない人もいます。ダウンなどを着て寒さ対策をしている人を探しましょう。

 

山頂付近は本当に寒いです、くれぐれも寒さ対策をされて下さい。

良い旅を。

 

 

 

最後まで読んでくださり、ありがとうございました。 ( ´ ▽ ` )

 

コメント